【体験セッションのお知らせ】フォームのメッセージにて「無料セッション希望」と入力ください。

あなたの思考は、〇〇しない限り、100%現実化しません

あなたの思考は、〇〇しない限り、100%現実化しません

こんにちは。


黒崎です。


目標を達成しようと努力しているとき、


あなたの意識は「問題はそこにある」と認識しています。


また、その問題が自分にとって重要であればあるほど、


「これは大変だ」


「何とかしなくては、まずいことになってしまう」


という意識があなたの中で増大していきます。


よって、あなたは大変に大きな問題を抱えて、


右往左往して奔走することになるのです。


「思考は現実化する」の本当の意味


ナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーの本を読まれた方や、


そうでなくても書店の自己啓発コーナーに行ったことのある方はご存知かと思いますが


「思考は現実化する」というフレーズ・・・聞き覚えがあるのではないでしょうか。


その言葉の通り、普段あなたが頭の中で何を考えているか、ということが


そのまま現実世界に影響してくるという内容です。


スピリチュアル的な文脈で語られることもありますが、


実は脳科学の分野でも、脳が情報を勝手にスクリーニング(取捨選択)しているということが証明されています。


何しろ、私たち現代人が一日に受け取る情報の量は、


平安時代の人間の一生分


江戸時代の人間の一年分


だと言われています。


特に、自分の興味のある分野の情報であれば、積極的に取りに行っているぶん、


さらに多いでしょう。


しかし、思考が現実化するのであれば、なぜこれだけの情報量を処理していながら、


目標が現実化しないのでしょうか。


その答えが、脳の情報フィルタリング機能(取捨選択する機能)である、


RAS(Reticular Activating System=盲目状神経系、網様賦活系) なのです。


ラス、と読みます。


RASの働きと、RASを味方につける方法


RASは簡単に言うと、五感から入ってきた情報を振り分ける働きをしている脳の機能です。


(詳しく脳科学について知りたい方は、「RAS 脳科学」でググってみてください。いろいろ出てきます。)


私たちが受け取る情報量があまりに多いため、その情報に優先順位をつけて理解しないと、情報過多で脳がオーバーヒートしてしまいます。


また、人間は、いつまでも記憶していても意味がない情報や、忘れたい情報については、積極的に忘れるようにできています。


これもRASの働きのなせる業です。


例えば、仕事が大好きで生き甲斐であるにとっては、


仕事のタスクの締め切り期限や、クライアントの情報は、優先順位が高い情報です。


しかし、家庭についての優先順位がそれよりも低い場合、


子供の授業参観の日程や、「仕事帰りにトイレットペーパーを買ってくる」というタスクは


RASによって「優先しなくても良い情報」に自動的に振り分けられてしまうのです。


つまり、仕事でいっぱいいっぱいの旦那さんに何かお願いしても、いつも忘れて帰ってきてしまうのは


彼がやる気がないわけでも、若年性アルツハイマーなわけでもなく、


脳の生理的機能のせいだったんですね。


では、どうしたらRASの振り分け機能の優先順位を変えることができるのでしょうか?


脳は、人間を活かすために動いている。


言うまでもなく、脳の機能の目的は、その人間を生かすことです。


RASは一朝一夕で出来上がったものではなく、その人の今までの人生の中で形成されています。


先ほどの例で言えば、


・男は家事をしなくてもいい


・男は仕事が出来てナンボ


・家のことは、女がなんとかするものだ


そういった思いこみが、その人の幼少期から長く刷り込まれているのでしょう。


それに気づいて、本気で意識を変えようとしない限りは、何か深刻な問題が起こるまで


RASが変化を起こすことはありません。


(例えば、奥さんが耐えきれず実家に帰ってしまい、それが旦那さんにとってショックなことであれば、


RASに変化が起きるかもしれませんが・・・)


つまり、RASの基準を変えるということは、


今までの人生の常識を見直す


ということであり、そう易々とできることではないのです。


私のコーチングの経験から言うと、今現在痛みを感じている分野(問題を抱えていて、実生活に影響が出ている分野)ですら、変化を起こすのに数か月はかかります。


思考を現実化させるのに、一番手っ取り早い方法


今まで書いてきたことをまとめます。



  • 思考は現実化している。しかし、思考は自分の意思の届かないところで操作されている。

  • RASという脳のフィルターによって、情報は制限されている。

  • その制限を取っ払うには、今までの自分の常識を壊す必要がある。


RASに新しい常識を教え込むを教え込むためには、


「その新しい常識がないと、生きていけないのだ」と脳に認識させる必要があります。


あなたの思考が現実化しないのは、そこまでの危機感が脳に植え付けられていないからなんですね。


 


お読みいただきありがとうございました。


 

黒崎 紗百合
♡女性が海外に出るときの障害を取り除きたい♡
♡自分らしく輝ける女性を増やすことで、日本をもっと元気にしたい♡

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント。
会社や他人に頼らない、強い生き方のできる人たちと、一緒に素敵な世界を作っていきたいという、夢があります。
無類の女性アイドル好き。推しメンはAKB48柏木由紀と、欅坂(けやき坂)46の長濱ねる。
コピーライティング、セールス、自己啓発、心理学、英語、国際関係、舞台など好物ジャンルが多いです。
どうぞよろしくお願いします。

♡LINE@をはじめました♡


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①自分の好きな事、やりたいことが見つからない!!
②夢はあるけど、どうやって叶えたら良いか不安。
③世界女子会っていうワードが気になる!!
④黒崎の思考に、もうちょっと触れてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなことを考えている方。
そして、変わりたい!と思っている方。
お試しメールコーチング、イベント情報なども配信予定!
友だち追加 写真

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK