【体験セッションのお知らせ】フォームのメッセージにて「無料セッション希望」と入力ください。

グローバル対応を本気ですれば、40歳になっても転職に困らない。

グローバル対応を本気ですれば、40歳になっても転職に困らない。

こんにちは。


グローバル女子養成コンサルタントの黒崎です。


グローバル=英語・・・というだけではありませんが、


最低でも「海外のことを知る」という意味で、グローバルに関心を持っていない人が多いのは不思議です。


海外経験に関するリサーチ)


「海外に行ったことがない」という20代男女は、半数近いです。


英語ができるかどうかが試されるのは、キャリアの後半かもしれない


おそらく、20代のうちは、外資系のトップ企業でもない限りは英語を使う機会は多くないかもしれません。


外資系でも、本国と交渉するのは上司の仕事で、部下は報告を聞くだけ、という場合もあるかもしれません。


日本という狭い市場の中で、このままAIや外国人労働者と狭いパイを奪いあう転職活動をするのでしょうか?


まして、AIや外国人労働者は語学に堪能で、


日本人よりもバイタリティに富み、どう考えても労働市場で有利です。


そのような現状の中で、「何とかしなきゃ!」と思い、英会話スクールや資格取得スクールにお金が流れているのが今の教育産業です。


しかし、英語をきちんとキャリアの中で活かせている人というのは、実情よりも少ないのも事実です。


40代以上の管理職は、英語ができないのに、英語を使ったコミュニケーションをしないといけない。


若い社員は、留学経験があり語学堪能でも、スキルがないからそのポジションに行けない。


上手くスキルと語学力がマッチしてくるのは、意外に30代後半以降かもしれません。


英語ができるとは言っても、特に日本人社会の中では(たとえ外資系でも)年上を追い越してリーダーポジションにつくのは至難の業です。


だから、20代の若手が海外に興味を持ちづらいのも、頷けるのです。


20代は語学、30歳過ぎまでは職務経験、それ以降に花開く。


語学は、正直若ければ若いほど習得しやすいと言われていますが、


高校を卒業したら、どの年齢でもそこまで変化はでません。


ただ、若ければ若いほど、「英語を使う職場」に潜り込める確率が高くなります。


ワーキングホリデーという制度もあります。


30歳までしか取得できませんが、取得困難な外国の労働ビザを、スキルや会社の後ろ盾がなくても取ることができます。


そして、そこでも若ければ、即戦力よりも素直さと成長を期待されます。


人生の先輩となる人たちに、色々と教えて貰えるでしょう。


そこで、仕事のスキルだけではなく、コミュニケーションや人生観、精神性、異文化を受容・理解する力を磨きながら、


きちんと仕事力も磨いていけば良いのです。


たとえ英語ができたからと言って、仕事力の基礎がなければ、仕事を任せて貰えません。


先日もお話した通り(「仕事に生き甲斐を見出さなくてもいいんじゃないですか」)、


目の前のことに一生懸命になること、仕事の基礎力を身に着けることは、


どんな仕事でもすることができます。


場合によっては、早くに管理職になったり、海外と関わる機会が与えられるかもしれませんが、


会社の中であれば、30歳過ぎまでは、そのように基礎力を磨く機会があるかもしれません。


そのように仕事の基礎力を磨いたうえで、英語力もある、ということであれば、


管理職になった時に怖いものはありません。


万一、英語を使う仕事でなかったとしても、異文化と関わり、自分とは違うバックグラウンドの人間を理解しようと努めていた経験があったことは、後輩・部下指導に大きく影響します。


これが、私が「若いうちに海外に出たほうが良いよ」と言っている一番の理由です。


人生という長期的な視点で見れば、これからの時代、どう考えてもノーリスク・ハイリターンなんです。


ビットコインやら仮想通貨の投資が流行っていますが、


そんなものよりも、さらに間違いのない自己投資だとは思いませんか?


専門性×語学力=存在価値。どっちが0でもダメですよ


私の周りのプロフェッショナル達は、日本語・英語の両方で自分の業務を遂行することができます。


だからこそ、日本の就職マーケットの中で、「引く手あまた」な状況を作り出すことができるのです。


そこには日本語・英語の両方において多大な努力がありますし、膨大な質的・量的な自己投資をしていることは間違いありません。


(MBAやLLMの学費は、年間300万円を超えるところもあります)


ただ、これからの時代、知識を詰め込むだけの教育では「コモディティ」になります。


日本語および英語の両方で、知識をインプットすると同時に、クリエイティビティを磨いていく。


 


そのためにはどうしたらいいのでしょうか。


答えはありませんが、起業してみるというのは選択肢の一つかもしれません。


ビジネスはなくなりませんからね。


また、失敗しても、海外経験と同様に「経験」が残りますから、ノーリスク・ハイリターンですね(今は資本がなくてもできる起業がたくさんあります)


どんなに小さくても、ビジネスを回すという経験は、クリエイティビティと論理性の両方が必要とされますので。


 


今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。


 


 


 


 


 

黒崎 紗百合
♡女性が海外に出るときの障害を取り除きたい♡
♡自分らしく輝ける女性を増やすことで、日本をもっと元気にしたい♡

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント。
会社や他人に頼らない、強い生き方のできる人たちと、一緒に素敵な世界を作っていきたいという、夢があります。
無類の女性アイドル好き。推しメンはAKB48柏木由紀と、欅坂(けやき坂)46の長濱ねる。
コピーライティング、セールス、自己啓発、心理学、英語、国際関係、舞台など好物ジャンルが多いです。
どうぞよろしくお願いします。

♡LINE@をはじめました♡


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①自分の好きな事、やりたいことが見つからない!!
②夢はあるけど、どうやって叶えたら良いか不安。
③世界女子会っていうワードが気になる!!
④黒崎の思考に、もうちょっと触れてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなことを考えている方。
そして、変わりたい!と思っている方。
お試しメールコーチング、イベント情報なども配信予定!
友だち追加 写真

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK