【体験セッションのお知らせ】フォームのメッセージにて「無料セッション希望」と入力ください。

東京は、やっぱり、すごい。

東京は、やっぱり、すごい。

こんにちは。


グローバル女子養成コンサルタントの黒崎です。


 


今日は東京について書こうと思います。


 


私は横浜生まれ、横浜育ちなんですが、


大学から東京に出てきました。という感覚です。


 


地方の方からすると、横浜と東京って近いし、ほぼ同じようなもんでしょ?


って人も多いかもしれません。


個人的にはね、全然違いますw


 


横浜大好きなんですが、やっぱり横浜は地方都市ですね。


良くも悪くも。


まぁ、確かに土日は横浜も人で混みあいますし、まぁ30分もかければ東京に出れますし、


田舎、というには田舎っぽくないです。


 


東京の何がすごいのか


東京は、別格です。


隣の横浜に住んでる私が言いますが、東京、とくに23区ってやっぱり別格です。


ダイバーシティがすごい。


流行の速さがすごい。時代の最先端にいる。


根本的に、人間の量と情報の量がすごい。たぶん、新宿や渋谷のスタバで、平日2~3時間座っているだけで、MLMだの、ネットビジネスだの、コンサルタントだの・・・色々なビジネスの話が聞けると思います。


 


私、恥ずかしながらニューヨーク行ったことないんですけれど、ニューヨークとかシンガポールとかって東京と比べてどうなんですかね。


人種のるつぼ感で言うと東京より凄そうなんですが、いまいちイメージがわきません。


今度、シンガポールのスタバでぼーっとしてみようと思います。


 


とにかく、東京にいると、焦燥感にかられます。


年収1000万円超えのリッチマン・リッチウーマンも大量にいるのが東京ですから、六本木とか、白金とか、あの辺に行くと、ベンツとかロールスロイスとか、走っているの見れますよ。


横浜じゃさすがに、めったに見れません。


それだけじゃなく、可愛い雑貨、オシャレな洋服、ブランドもの、イケメン&美女・・・


テレビとかに映っている「最先端」が東京にはあります。


 


当然、物価も高ければ、時給も高いんですけどね。


 


若者が東京を目指すのは、そこに情報があるからです。


東京に出れば何とかなる、という思いや憧れがある。


日本の中では間違いなく一番ですから。


 


逆に、それに疲れて、東京から地方に移住する人も最近は増えていますね。


福岡とか札幌とか、新潟とかも人気です。


 


東京にいると、いつも何か新しいものに出会い、刺激をもらえる代わりに、


変わらない自分がまるで「ダメ人間」かのように見えてくることがあります。


立ち止まらせてくれない部分があるんですよね。


 


世界の中の東京ってどうよ?


では、基準を日本から広げて、アジアや世界に広げたとき、


東京ってどんな町なんでしょうか。


 


まぁ、日本人はみんな「TOKYOから来た」って言うのでw


外国人も、東京が巨大な都市だってことはわかってると思います。


アジアの都市、台北やソウルみたいなところは特に、どんどん東京に近づいて、追いつけ追い越せをしています。


もう追い越されているかもしれません、シンガポールとかね。


 


日本人は、今でも日本がアジアでNo.1だと思っています。


東南アジアの国は確かに日本よりもインフラが整っていない部分もあるし、日本は「整っている」っていう意味では、たしかにアジア有数でしょう。


 


10年前、私がカンボジアに行って思ったのは、


「東京はあまりにもきれいすぎる」ということです。


 


不自然なくらいに、きれいすぎるんです。


BeautifulではなくNeatの方ね。


「ああ、あまりにも期待に応えすぎちゃったんだな」って、思ったのを覚えています。


 


そして、それって私たち日本人の姿そのもの、なんじゃないでしょうか。


 


日本人の接客、「おもてなし」って確かに素晴らしいんですけど、


お金を払ったらしてくれるサービス、なんですよね。


コンビニとか、ホテルとか。


職業としてカスタマーサービスしてくれる人は優しくしてくれる、笑顔で接してくれるんですけど、いざ街に出て、電車とか乗ると、もう大変。


電車のドア突き破る勢いで、電車乗り降りするサラリーマンばっかりですからね。


 


カンボジアとか、タイとかって、そこらへんが随分とのんびりしています。


(日本も、こんなに生きるのに必死なのは東京くらいなのかもしれません)


 


そして新橋の飲み屋街とか行くと、期待に応えることに疲れすぎた人たちが、責任のない場所で、思いっきり愚痴ったりして楽しそうにしているという。。。


 


我武者羅にしか生きれない奴もいるが、我武者羅に生きたくない奴もいる


東京は、頑張る街です。


期待に応えて、評価されて、力をつけたい人たちが、日々しのぎを削っている戦場です。


夜の街のネオンは、サラリーマンたちの命の灯です。


 


私もずっと東京で頑張ってきました。


たくさん泣いたし、笑ったし、いろいろな出会いがありました。


たぶん、少しだけ、成長しました。


 


東京には、我武者羅にしか生きれない人がいるのです。


人生の中で、そういう時期もあります。


頑張る時期もあります。


 


でも、東京だけが、頑張る場所じゃないんです。


ジャカルタだって、マニラだって、シドニーだって、どこだって頑張ってる人がいます。


そして、それぞれの頑張り方があります。


 


東京の期待に応えきれないこと、イコール、生きる場所がなくなるわけじゃないんです。


何というか、私の信条である「外に出てみりゃ何かが変わる」を推したいわけじゃないんですけど、


東京でうまく行かないかも、と思ったら、他の場所に変えてみたらいいんじゃないでしょうか。


気晴らしに、他の場所を見てみるのも、悪くないんじゃないでしょうか。


 


そうしたら、貴女の中に、また東京に戻ってやりたいことが出てくるかもしれません。


また、我武者羅になりたいと思えるかもしれません。


 


私はそんな人のために、そして自分自身が東京を愛し続けられるようにするためにも、


グローバル女子を養成していきたい。


内=日本と、外=海外を比べて見れる、視野の広い女性と一緒に、生きていきたいな、と思うのです。


 


お読みいただきまして、ありがとうございました!


 

黒崎 紗百合
♡女性が海外に出るときの障害を取り除きたい♡
♡自分らしく輝ける女性を増やすことで、日本をもっと元気にしたい♡

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント。
会社や他人に頼らない、強い生き方のできる人たちと、一緒に素敵な世界を作っていきたいという、夢があります。
無類の女性アイドル好き。推しメンはAKB48柏木由紀と、欅坂(けやき坂)46の長濱ねる。
コピーライティング、セールス、自己啓発、心理学、英語、国際関係、舞台など好物ジャンルが多いです。
どうぞよろしくお願いします。

♡LINE@をはじめました♡


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①自分の好きな事、やりたいことが見つからない!!
②夢はあるけど、どうやって叶えたら良いか不安。
③世界女子会っていうワードが気になる!!
④黒崎の思考に、もうちょっと触れてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなことを考えている方。
そして、変わりたい!と思っている方。
お試しメールコーチング、イベント情報なども配信予定!
友だち追加 写真

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK