【体験セッションのお知らせ】フォームのメッセージにて「無料セッション希望」と入力ください。

完全保存版。日本人女性がグローバルになるべき理由

完全保存版。日本人女性がグローバルになるべき理由

こんにちは。

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、

先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント、黒崎です。


突然ですが、あなたは英語は話せますか?


おそらく中学・高校・大学と、10年近く英語を勉強している方ばかりのはずなので、ネイティブレベルとまでは言わなくてもある程度は話せる方が多いのではないでしょうか。

このブログをお読みいただいている、賢い女子のあなたのことですから、学生時代も英語の勉強に時間と労力を費やしたでしょう。


でもその英語、今はどれくらい使っていますか?

正直、外資系に勤めていても、業務内容によってはほとんど使用しないこともあるのではないでしょうか。


ライティング・リーディングは行っていても、スピーキングやネイティブの英語をリスニングする機会は少ないかもしれません。たとえ英語を半分以上使っている業務でも、そのほとんどは自分の好きな「専門フィールド」とは関係のないものかもしれません。

人によっては、大学時代に留学をしてまで英語を学んだのに、海外旅行の機会以外では全く使わない、そんなドメスティックな会社に入ってしまった人もいるかもしれません。


そう、私です(笑)


 


閉じている世界、ニッポン


 


そんなあなたも、時折

「日本は閉塞的」「なんか息苦しい・・・」

「満員電車にサービス残業、もっと時間とゆとりのある生活できないのかな~」などと思うことがあるのではないでしょうか。


 


私が留学していたオーストラリアでは、職種にもよりますが、残業せずに仕事を終えられる人もかなりいました。

もちろん、残業になれば、そのぶんの賃金は支払われます。

弁護士や経営コンサルタント、マネジメントなどの高賃金の仕事は出来高制です。そのため労働時間が長くなることはありますが、その分収入は多くなります。

日本のブラック企業のように、ただ働きで過労死させられる、なんてことはありえないのです。


かくいう私も、ある会社では、60時間以上残業&土曜日はサービス出勤をし、1円も残業手当を払って貰えなかったこともあります。

そういうブラック企業の話は、ネットやリアルでたくさん聞きます。


 


なぜ日本では、こんなにブラック企業が恒常化しているのでしょうか。


女性の活躍推進をしている現代でも、若い女性に対するセクハラや、上司の立場を利用したパワハラ、マタハラ、アルハラなど、人を傷つける行為が後を絶ちません。

いい大人が、高校生もしないようなイジメ行為をします。


もちろんアメリカやヨーロッパでも、陰湿なイジメはあります。人種や階級の問題がある分、日本よりもさらに状況はシビアかもしれません。


重要なのは、なぜイジメられているいる人たちが、逃げることができないのかということです。


先日の電通女性社員の過労死問題でも、高学歴で、若くきれいで、人格にも問題のない女性が、仕事上のストレスを苦に亡くなってしまいました。


私は、自身の経験を鑑みて、思います。昔の私も含め、追い詰められている人たちには選択肢がないのです。

私たちは、「逃げることは負けることだ」と教えられてきました。

一度入った会社を途中で辞めたら、再就職は難しいし、もっと境遇の悪い会社にしか行けなくなる。


結果を出さなくては、存在する意味がない。価値がない。

お給料をいただいて勉強しているんだから、休日出勤も早出も率先してするべきだ。


これらはすべて、ある意味で正しいことかもしれません。


しかし、世界水準で見たとき。このように自分を追い込み、精神的に追い込み、ボロボロになって最悪の場合には死に至る状況を、肯定する世界・文化基準ばかりでしょうか。


昔の私も含め、ブラック企業で疲弊している人たちには、この視点が足りないのです。


親が言っているから。会社が言うから。上司が言うから。


私たちは従うように育てられてきました。


でも大人になって、あなたが躓いたとき、苦しんでいるとき、親や会社や上司は、あなたを救い出してくれるでしょうか。


 


英語は間違いなく女性を有能にしてくれる。世界は日本だけじゃない


TEDで、レバノン人の女性が、アラブ女性が活躍するために必要な要素について話しています。



イスラム文化は、日本では女性を蔑視していると誤解されていることが多いように感じますが、


レバノンでは内閣に8人の女性大臣がいるそうです。


(日本は第三次安倍内閣時に2人)


 


日本のOECD中の女性活躍指数は、韓国についでワースト2位です。

指数について言えば、アフリカやアジアのその他の国よりもかなり、低いです。

とても先進国とは思えない数字です。


 


日本では女性は特に、従順で素直、コミュニケーション上手だが賢すぎないように育てられる傾向があると言えます。最近は労働力の減少により、女性が会社の中で働くことを推進する動きが増えています。

働きたい人にとっては良い傾向かもしれません。しかし、


・家事を行い

・仕事を完ぺきにこなし

・女性として恥ずかしくない身だしなみを整え

・ストレスを溜め込むことなく

・健康的で、人当たりが良く、けして威張らない


この項目、すべて満たすことはできますか?


子供が生まれたら、母親としての責任も負わねばなりません。


 


確かに、結婚すれば旦那さんのサポートがあるかもしれません。


しかし、旦那さんもまた、日本社会で男性としての厳しい出世競争にさらされています。

資産家で、働かなくてもお金を得られる男性と結婚できれば幸せですが、全員ではないでしょう。

(TEDのビデオ中でも、プレゼンターは素晴らしい伴侶を得ることを「賢い選択」と言っています)


 


英語に限らず、スキルは人間を会社から自由にしてくれます。

その中でも女性が英語を学ぶべき理由。それは世界の現実を教えてくれるからです。


 


海外、とくに欧米文化圏の女性たちは、非常に大人で成熟しています。

20代でも、人生や愛、一生の仕事、パートナーとの関係について深く考え、意見を述べることが求められます。


肌の色や国籍で差別することが許されない世界では、性別による差別も当然のように許されないのです。

(とはいえ、実際には女性活躍先進国のオーストラリアでも、男女による収入差はあります。出産があるぶん、仕事をセーブする女性が多いためです。しかし実力さえあれば、正社員に戻ることも可能ですし、男性が育児や家事に参加することは日本以上に普通です)


 


留学やワーキングホリデーで、一定期間きちんとネイティブの中で暮らしていれば、自分がいかに同年齢の欧米女性(もしかしたらアジアも)と比べて幼いか、分かると思います。


 


仕事や人生について、深く考えること


賢い女性になるには、英語をはじめ、他のことについても大変な努力が必要です。

お金も時間も、今までとは全く違う方面に投資しなくてはならないかもしれません。


ファッション雑誌の代わりにハーバードビジネスレビューを読み、ネイルをするお金で英会話スクールに通わなくてはいけないかもしれません。


その過程で、今までのあなたを好きだった人たちが離れていったり、批判してきたりするかもしれません。

でも、その先には必ず、誰に言われたわけではない、自分がなりたかった自分がいます。


自分の人生は、自分自身にゆだねてみたくないですか?


お読みいただき、ありがとうございました。

黒崎 紗百合
♡女性が海外に出るときの障害を取り除きたい♡
♡自分らしく輝ける女性を増やすことで、日本をもっと元気にしたい♡

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント。
会社や他人に頼らない、強い生き方のできる人たちと、一緒に素敵な世界を作っていきたいという、夢があります。
無類の女性アイドル好き。推しメンはAKB48柏木由紀と、欅坂(けやき坂)46の長濱ねる。
コピーライティング、セールス、自己啓発、心理学、英語、国際関係、舞台など好物ジャンルが多いです。
どうぞよろしくお願いします。

♡LINE@をはじめました♡


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①自分の好きな事、やりたいことが見つからない!!
②夢はあるけど、どうやって叶えたら良いか不安。
③世界女子会っていうワードが気になる!!
④黒崎の思考に、もうちょっと触れてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなことを考えている方。
そして、変わりたい!と思っている方。
お試しメールコーチング、イベント情報なども配信予定!
友だち追加 写真

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK