【体験セッションのお知らせ】フォームのメッセージにて「無料セッション希望」と入力ください。

女性活躍の真実。生き残り方とは。

女性活躍の真実。生き残り方とは。

こんにちは!

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、

先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのライフコーチ


グローバル女子養成コンサルタント、黒崎です。


沢尻エリカさんの主演ドラマ「ファーストクラス」で有名になった言葉

【マウンティング】。

あなたの身には覚えがありませんか?


ああ、あの子も、この子も、気づけばマウンティングしてくる!

彼氏の年収、自分の年収、会社の格、学歴、仕事内容、着ている服などなど・・・

女子だったら、ある意味普通に行っている他人へのチェックですが、

時折「何のために自分は稼いでいるんだろう」「自分の意見より、どう見られるかを意識して選択をしているみたい」とむなしくなることはありませんか?


女性の幸せって何なの?


あなたは、この答えに対して、どのように答えますか?

あなたが女性であれば、これはそのまま「あなたの幸せとは?」ってなりますよね。


女性は男性に比べ、出産リスクがあるため、早めにキャリアについて考える傾向があります。

しかし、女性のライフスタイルの多様化により、従来では王道だった

卒業→就職→20代半ばで結婚・退職→専業主婦→出産→お母さんになる

という女性のライフプランが簡単には描けなくなってきています。


ご存知の通り、女性の初婚年齢は上がり続けています。

こちらのデータでは、平成5年には26.1歳だったのが、平成23年には29.0歳になっています。

あなたの周りを見ても、26歳で結婚する大卒女子って、そんなに多くないのではないでしょうか。


それでも女性が子供を産み、育てることを考えると、結婚には【適齢期】があることは否めないでしょう。だいたい28歳くらいから35歳くらいまでに結婚される方が多いのも頷けますね。


これを読んでいるあなたが何歳かは分かりませんが、おそらく働いていて、将来は結婚したいし子供も欲しい、でも自分のキャリアは閉ざしたくない、という願望があるのではないでしょうか。


私たちに残された時間は短い。人生の中で何をするべきか、しないべきか


2016年4月に女性活躍推進法が制定され、女性の管理職という存在が珍しいものではないばかりか、推奨される存在になってきたようにも見受けられます。

私もいわゆる「女性リーダー」を育成するプログラムに携わることもあるので、

企業が建前だけでなく、本気で女性を育成しようとしていることは確かだと思います。


しかし、

あなたの会社が女性管理職育成に力を入れているとして、

あなたは本当に女性管理職になりたいですか?


「バリキャリ(=バリバリとキャリアを積んで働く女性のこと)ってかっこいい」

「うちの会社のダイバーシティ推進局長みたいになりたい」

「育児も仕事も両立していて、あこがれる」


巷の高学歴女子たちは、今やこういった「輝いているかどうか」マウンティングを

がんがんかましているように、私には見えます。

昭和の男性のように、「誰が一番仕事ができる?」と出世レースに勤しんでおり、

自分たちのように努力できないなんて!と、必要以上にカリカリしているように思えます。


家事も育児も仕事も、女性として夫に愛される自分も、管理職としての出世もすべて手に入れたい。

とくにあなたが高学歴で、一流企業に勤めていればいるほど、完璧な人間への憧憬はすさまじいものがあると思います。


でも、あなた、消耗していませんか?

本当は、許されるなら、もっとゆっくり生きたいと思ってるんじゃないですか?

好きな事を仕事にして、大切な人たちと、丁寧に生きてみたいとは感じませんか?


私たちには、1年365日、24時間しかありません。

平等に、時間だけがあるのです。


他人に主導権を奪われる人生。それでいいなら、どうぞ。


管理職を目指すには、選抜試験があるはずです。

女性を優先的に増やしたいとは言っても、管理職になりたくてもなれない人は必ず存在します。


管理職はリーダーです。

管理職になるならば、責任を持ち、自分の私生活を捧げる覚悟で、部下を率いていかなくてはなりません。(現在はそんな男気のある管理職は多くないかもしれませんが笑、そもそもそういうものです。残業代がつかないのも、管理職は経営側だという意識からです)


あなたの人生の道は、その会社と同じ方向に、まっすぐ伸びていますか?

迷いなく「そうだ」と言えるのならば、その会社と心中する覚悟で、一生を捧げて「女性リーダー」として会社を変えていってください。


そうではない、と感じたあなた。

そこから一歩、どの方向に踏み出すかはあなた次第です。

家庭に入るもよし。留学してみるもよし。独立するもよし。

でもその選択は早いほうがいいです。


もしあなたが子供がほしいと思っているのならば、さらに。


小さい仕事のできる・できない、給与の上がる・下がる、社格がどうの、

そんなことはどうだっていいです。

あなたの道が指し示す方向に、まっすぐ、気持ちよく進めているか。


進めていないどころか、どっち向いて走れば良いのか分からないなら、

とっとと見つけましょう。


自分の進むべき道にまっすぐ進んでいる女性、

どんな世界でも、すごくかっこいいですよ。


お読みいただき、ありがとうございました。

黒崎 紗百合
♡女性が海外に出るときの障害を取り除きたい♡
♡自分らしく輝ける女性を増やすことで、日本をもっと元気にしたい♡

あなたの能力が最も発揮できる【専門フィールド】をみつけ、先の見えない時代をしなやかに生き抜くためのコンサルタント。
会社や他人に頼らない、強い生き方のできる人たちと、一緒に素敵な世界を作っていきたいという、夢があります。
無類の女性アイドル好き。推しメンはAKB48柏木由紀と、欅坂(けやき坂)46の長濱ねる。
コピーライティング、セールス、自己啓発、心理学、英語、国際関係、舞台など好物ジャンルが多いです。
どうぞよろしくお願いします。

♡LINE@をはじめました♡


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①自分の好きな事、やりたいことが見つからない!!
②夢はあるけど、どうやって叶えたら良いか不安。
③世界女子会っていうワードが気になる!!
④黒崎の思考に、もうちょっと触れてみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんなことを考えている方。
そして、変わりたい!と思っている方。
お試しメールコーチング、イベント情報なども配信予定!
友だち追加 写真

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK